洗面排水トラップのつまり

こんにちは!水のトラブルなら漏れも、詰まりもスッキリ解決!!
アクアステーション・サービススタッフのMです。

本日は洗面排水トラップのつまりについて、お話したいと思います。

洗面所って、皆さん毎日どのくらい利用しますか?

台所やお風呂のようにガッツリと使用するわけでもないので、あまり印象にないかもしれませんが、手を洗ったり、顔を洗ったり、生活には欠かせない重要な場所です。

そんな洗面所がある日突然、詰まってしまったら!?

もしくは日に日に水の流れが悪くなり、しまいには詰まってしまった!?

なんてトラブル、非常に困りますよね。

洗面所の水のつまりに関しては、いくつか原因が考えられるのですが、最も多い原因は排水トラップの詰まりです。

洗面の排水トラップとは洗面台の下にある、この部分のことを言います。

この排水トラップ、見てお分かりのように、クネっと曲がった形をしています。

曲がっているからこそ、詰まりやすい場所になっています。

では、なぜ?

排水トラップがこんな感じで曲がっているのでしょうか?

それにはちゃんとした理由があります。

ここで、排水トラップの構造を覗いてみましょう。

下の図は写真で見せたのと同じような形の「P字トラップ」と呼ばれる排水トラップです。

図を見てわかるように、排水トラップの曲がっている場所に水が貯まっています。

この水は封水と呼ばれて、下水からの悪臭や虫などが家の中に入ってこないように、水で蓋をする役割を持っています。

排水トラップには、ほかにも「S字トラップ」と呼ばれる、さらに曲がったものがあります。

コチラも基本的にはP字と同じ理由で、封水によって下水からの悪臭や虫を通さないようにしています。

このように非常に便利でありがたい排水トラップなのですが、やはり、詰まりやすいことには間違いのない個所になってきます。

洗面台から流れてきたものが、とどまっていることも多いからです。

洗面所でうっかり流してしまうものの中には、ピアスやアクセサリー、それに歯磨き粉のフタなんてのもあります。

しかし一番多いのはやはり髪の毛です。

髪の毛が石鹸やヘアワックスのぬめりとともに絡みつき、徐々に排水トラップに蓄積されていくことも多いのです。

洗面所が詰まった時には、まず、排水トラップをチェックすることをお勧めします。

排水トラップは分解して掃除ができるようになっているので、もしもつまりが気になるときは、排水トラップを外して、掃除をすると良いでしょう。

その時ドバっと、水やゴミが出てきて解決することもあります。

が、どうにもこうにもならないほどゴミが詰まって汚れていたり、排水トラップを止めているナットのパッキンが劣化していたり…。

そもそも排水トラップが古くて外したら壊れそうな場合は、新しい物に交換したほうが良いでしょう。

以前にアクアステーションが対応した横浜市青葉区のお客様の場合は、排水トラップ交換して、詰まりを解決しました。

排水トラップの掃除や交換は、業者に頼まなくてもできる作業ではあると思いますが、やはり下手に触って元通りに戻せなくなっても困ります。

もしも洗面所が詰まったり、つまりの原因が分からなかったり、自分で処理をするのが不安な時は、ぜひともお気軽にアクアステーションまでご相談くださいね!

水漏れ修理お任せください
水漏れなど
出張対応します!

投稿者について

有限会社プログレスWEB管理

有限会社プログレスは、カギやガラス、水のトラブルを出張して対応する会社です。鍵なら建物や自動車・バイク、金庫などの開かないや鍵の紛失に対応します。窓ガラスが割れてしまった、水道・水栓から水が漏れている、水が止まらないなどにも出張して解決する会社です。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です